趣味

ビュースポット

 本日は業務で、王子にある”北とぴあ”に行ってきました。ここは東京の北区の施設で、プラネタリウムやホールがある立派な施設
 しかしながら、私が好む理由はそんなことではないのだ。最上階に展望フロアがあるのですが、ここに上がると東北新幹線、東北線、都電荒川線が眼下に広がり、遠く東京のビル群を見渡すことが出来ます。桜の季節になれば飛鳥山公園がピンクに染まる情景が見事に見ることができます。子供を連れてくれば、はやてが来るわ、つばさが来るわ、MAXが来るわで大興奮間違いなし!京浜東北線や湘南新宿ライン、貨物列車だって見えるんです。しかも入場無料!ときたら行くしかないですよね。
 ここのように眼下に電車が走っている風景を手軽に楽しめる箇所って結構あるようですが、最近気になっているのが東京駅に近いビル。これまた業務でよく行くんですが上層階会議室から東京駅を俯瞰で眺められるんです。こりゃ模型好きにはたまらんでしょうなぁ、っていう風景です。さすがに夜景までは楽しんでおりませんが、聞けば最上階にレストランがあるとのこと(東京ジョンブル?)。こちらでゆっくり楽しんでみてはいかがでしょうか。行った事ないけど
 
標準
記念切符

趣味

どうゆうわけか、コメントをいただけました。ブログも凝ればいろいろできるのですね。
 
ところで私の趣味。記念切符の収集について少し書きましょう。
 私が最初に手にした記念切符。それは東急電鉄の「新玉川線開通」記念乗車券!当時は2種類あることに気づきませんでしたが、電車の図柄があるほうです。開通間もない時期に父親に連れられて訪れたときに購入したものです。まだ小学生中学年でしたので、自分の宝箱にしまったりしていました。その次は・・・という記憶はないのですが、鉄道の仕事をしていた父親の書斎で、資料の中にまぎれている切符を見つけては、保管と称して溜め込んでいきました。どちらかというと父親の収集物を継承したというのがきっかけでしょうか。
 高校では当然のごとく”鉄研”に。この頃ちょうど記念乗車券ブームで、発売数が異常に多い状態でした。国鉄の記念切符を交通博物館で売っていたなんて、若い人にはぴんと来ないでしょうね。目当てのものが発売される日には、こずかいの少ない高校生は自転車で駆けつけたものです。あー、涙ぐましい努力。。。
 しかし、こんな私も一時期熱が冷めた時がありました。その時期を示すのが「東急CATV開局」記念切符。おざなりにしたのはこの一枚っきりですが、適当な箱に放り込んで、袋はよれよれ。いまだに悔やまれる時期で、その後にオークションや即売会などで必死に穴埋めした時代です。
 とか何とか言いながら、現在も継続しているわけですが、鉄道事業者から発売される記念切符は大半が記念カードに移行し、リアルタイムに追いかけるものがかなり少なくなりました。その代わりといっては変ですが、現在力を入れているのがオークションでの収集。過去に買い損ねたものばかりではなく、戦前の時代のものまで市場に出回るので、コレクションの幅が広がりました。即売会とは違い、上手くすれば格安で商品を手に入れられる面白さ!反面、競り負けたときの悔しさはしばらく尾を引きますが。。。
 
標準
趣味

鉄道模型

 そういえば、今週半ばに銀座にある鉄道模型バーに行って来て、ちょいと盛り上がってまいりました。
この店を知るきっかけは、会社の社内ポストに鉄道ジャーナル誌が入っていたため(普通入っていないよなぁ)巻末広告群を眺めていて目に留まったことでした。先月弟君と行ったのが最初で、今回は上司接待(一般的に連れて行かないよなぁ)の予約のため、単独で乗り込んできたのでした。バーテンダーと話していると、この店は、日経新聞の取材を受けたり、BCスピリッツに掲載されたというじゃありませんか!しかもこの掲載、四コマ漫画、それも”気まぐれコンセプト”ですよぉ!ただし無許可!っていうのが笑えるというか。。。
 漫画のネタ、彼氏が彼女を銀座の”パノラマ”というバーに誘うという内容。店名とロケーションに期待高まる彼女にふりかかるディープな世界。 一般ピープルには”電車男的”ととられるでしょうが、趣味人としてはニヤリ(ヒヤリ?)としてしまいます。
 気づけば、隣にはカップルが・・・。もちろん彼氏は鉄道趣味人。たわいのない会話の大半が、目の前に広がる模型レイアウトに関わる話題。この彼女、心が広いのか、無邪気なのか、模型に対して興味を持っったようです。ストラクチャーの細かいところに突っ込みを入れ始めたのですが、これがなかなかのセンスで、核心を突きまくり!たとえば・・・
「電車や人形はさぁ、なんか細かく出来てて色塗ってあるのに、なんでこの車ちゃちなのぉ?」
全く会話に加わっていなかった傍聴人の私は思わず手を敲いてしまいました彼氏がいなかったらカクテルの一杯でも奢っていたでしょう
 あ、逆側の隣にはまたカップルが・・・。こりゃホストとホステスかい!っていう二人。彼氏はイケメン系ですが、やはり趣味人。彼女はというと・・・飲み物の注文よりも先に、目の前を通過する列車を指で止めたではありませんかなんという暴挙!・・・バーテンダーが慌てて「止めないでくださいね・・・」
という言葉も、「え?そうなの?エヘヘ」・・・お前は愉快犯か!!・・・という楽しい(?)雰囲気の中、一人寂しく店を出るのでした。
標準
趣味

キックオフ!

いやいや、なんか思いつきでブログなんか始めちゃいました。こんなの書いているけど、果たして続くかなぁ。っていうか、人に見せるのか?・・・うーむ・・・HPを同名で公開しているけど、趣味の戯言を書くスペースが造り難くて悶々としていたのも事実!どうせヒット数なんか気にしないのだから適当に書いていこう、とこの場だけそう思っております(^o^)/
標準