旅行

本日のトライ

 この二日間、調子が出なかったので外出していませんでした。今日こそは、と子供達を水泳教室に送るかみさんにくっついて外出。調子に乗って足を伸ばそうと、江ノ電方面へ。
 
 ・・・実際は藤沢駅で記念切符買った段階で挫折。カメラまで持って行ったんですが、人混みで気分が萎えちゃうんですねぇ。滞在15分少々で、そそくさと帰宅ルートへ。
 
 沈み気味でホームに下りたのですが、なんとスゴイkioskを発見!80系です!携帯のカメラで取ったので絵が汚いですが、面白い発想ですね。
 
 帰りの東海道線は混んでいたので大船から横須賀線で。西大井からテクテク歩いて帰って来ました。途中久々にコンビニでお茶を買おうと覗いたら、これまたすごいものが!
 「一(はじめ)」ってお茶に駅弁フィギュアが。。。これ集める人、多いのでは?ちなみに24種あるそうです。
 
 でもちょっと張り切りすぎたかな・・・ブログ書いていて、ぐったりしてきました
広告
標準
記念切符

プロ野球球団

 かつては鉄道会社が保有する球団が数多く存在していました。国鉄、東急、西鉄。比較的最近では近鉄、その前は阪急、南海。現在は、阪神、西武だけ。
 
 記念切符で保有しているものの中で出てきたのは「1984パリーグ優勝(阪急ブレーブス)」「南海ホークス創立50周年」。エース山田や、主砲門田が懐かしいですね。
 
 個人的には中日ドラゴンズファンですが、名鉄の資本が入っているのかな?「ドラゴンズ優勝」などの記念切符は地元として当たり前に感じますが、「高木守道選手引退」でも発行しているのは相当強い繋がりがあるからなのでしょうね。
標準
記念切符

コトデン

 高松琴平電鉄の略称。地元と鉄道ファンには当たり前の呼び名ですが、一般的かどうかは・・・。
 
 私も高校の時分に初めて訪ねた時には、歴史ある車両(平たく言えば、ぼろぐるま)ばかりで大喜びしたものでしたが、今は冷房車ばかり見たいですね(当たり前と言えば当たり前ですが)。
 ということで写真はありませんが、記念切符を二枚ほど。左はご立派なホテルを建てられたときのもの。右はイベントがたくさん重なって活気ある時期に出たもの。
標準
旅行

紀州鉄道

 ビール缶で紹介した紀州鉄道。永らく日本一のミニ鉄道として君臨(?)しておりましたが、千葉の芝山鉄道(これは実質、京成線の延伸部)に取って代わられてしまいました。が、ローカル色豊かで鉄道ファンには人気の路線です。走る車両はかつて大分交通耶馬渓線で活躍していました。
 
 紀州鉄道の名称自体は不動産、リゾートなどで目にすることが多いかと思いますが、鉄道を利用する人は地元民でも少ないのでは・・・という路線です。
標準
日常

ありがたや

 今日午後、学校の後輩が訪ねて来てくれました。彼も私同様病気を患い、現在克服した先輩(?)でありまして、めーるでちょこちょこ相談していました。 そうそう重い話ばかりではありませんでしたが、さすがに同じ経験をしたもの同士でしか分からない事を分かち合ってくれ、少し気も晴れました。
 
 彼は埼玉県人なので、せっかく城南地区に来たのなら、と先般紹介した”東急ストア記念ビール”を勧めて一缶買って行かせました。家に記念缶がいくつかあると言っていましたが、私の持っている記念缶は写真の通り。
 
 左は”紀州鉄道柄”銀河高原ビール。右は”東海道新幹線40周年記念”サッポロビール。他には”九州新幹線開通記念”コカコーラ缶もあります。
標準
旅行

旅行じゃないけど

 定期の診察に自由が丘まで行ってきました。乗換駅の旗の台では、大井町線大井町方面のホームが使用停止となり、島式ホームの状態になりました。UP/DOWNが減ったので利用しやすいのですが、木造の雰囲気のある駅はすぐ姿を消してしまいます。
 
 また、8590も前面の帯色だけではなく、8500と同様の”大井町線”ステッカーを貼っていました。ちょっと前に撮った写真は暫定的な状態だったようです。
標準
旅行

頑張って。

 天気もよく、体調も良さそう・・・そう判断し、ちょっと出かけてみました、独りで。電車に乗って出かけるとどうか、自分自身確かめてみたくなりました。
 
 目的地が無いと始まらないので、総武流山電鉄と、北総鉄道を回ってくること。つまり記念切符をゲットする目的です。写真で成果を
 
 目的は達成して無事に帰宅したのですが、やはり長く立っていること、車窓を眺めることが負担になりますね。混雑した状況は殆どありませんでしたから、そのストレスを感じることは無かったのですが、目が回るようなことがチョコチョコありました。加えて、駅窓口で切符を購入する際、今ひとつ呂律が回らないと言うか、言葉が出難く感じました。
 
 この手のことをある程度繰り返して克服すべきかどうか、また医者に聞いてきますが、毎日会社に通って会議やら協議やらをやっていたのは大した労力だったんだなぁ、と他人事のように感心します。
標準