どちらかというと年末は私の鉄道旅行が中心で、ひとりもしくは子供一人を連れてということが多かったんですが、今年は家族でごく近場に一泊で行くことに。

 東京湾アクアラインを渡ると千葉県の中部が近いので、ダム湖である亀山湖畔の温泉ホテルに泊まることにしました。子供たちには子供食ではなく、上総牛のしゃぶしゃぶコースをドンと揃えることに!なんとも太っ腹^^。

IMG_3445  まずは行きがけの海ほたるで、東京ドイツ村の割引券を入手。駐車場代だけで入場できるお得なチケットです。初めて行って見ましたが、子供の遠足には絶好の場所だなぁ、と思いました。天気があまりにも良かったのでみんなで観覧車に乗りましたが、基本的に広い芝生の広場にレジャーシートを広げて、その周りでキャッチボールをしたり、駆け回ったり。斜面に上ってどんぐり拾いには息子が没頭していました。

IMG_3474  一時間ほどの移動で目的のホテルに到着。ローカル線の終着駅も近いのですが、今回は”鉄”を捨ててのんびり家族と過ごしました。温泉は黒湯と呼ばれ、東京湾周辺一帯で湧き出る温泉です。長男は草津の時には肌に合わなかったのですが、今回はゆっくり浸かることが出来ました。

 夕食はお待ちかねの牛しゃぶ。さすがに大人5人前ということで肉以外は少し残してしまいました。でもたらふく食べた、という思い出にはなったかな^^。

 二日目はマザー牧場に。宿からは40分ほどで到着しますが、途中の山道は新車の重心が高くなったことから、運転には少し気を遣いました。

IMG_3484  我が家の子供たちはふれあい動物コーナーが大好き。モルモット、ウサギだけの小さい施設ですが、繰り返し抱きかかえていました。その後は今回最大の目的、牛の乳絞り体験。末っ子がずっとやりたかったそうで、やっと念願が叶いました。午後はトラクターに牽引されたトレーラーで牧場のバックヤードを見学できるツアーに参加し、ヒツジやカピパラに餌付けすることも出来、3人の子供たちは満足しておりました。

 新車での初の遠出でしたが、扱いに戸惑うことも無く無事に旅行を終えることが出来ました。

広告