耶馬渓(やばけい)線は、大分県中津市の中津駅から守実温泉駅に至る路線でした。地元では「耶鉄」と呼ばれていたそうです。
 大正2年に耶馬渓鉄道として開業、昭和20年の戦時統合により大分交通の路線となりました。山国川に沿って延びるこの鉄道沿線には、青の洞門、羅漢寺、守実温泉など観光地がありました。しかしながら沿線の過疎化による利用者の減少と道路整備が進んだことに加え、中津駅の高架化に伴う費用の応分の負担を要求されたこともあって、昭和50年に全線が廃止され、バス路線に転換されました。
Scan10030
Scan10031
Scan10026
 廃線跡の多くがサイクリングロードにされており、季節ごとに美しい風景が眺められるそうです。また、廃車になった車両数両が中津市内の食堂で保存されているので、いつかは訪れたいと思っています。
広告