記念切符

記念切符の分類

 毎度おなじみHPの宣伝です^^。
 現在、記念切符の展示に重きを置いて公開していますのでご覧ください。
 
 今日は良い天気になりましたが風が強いため、家の中でじっくりと趣味に没頭・・・久々に記念切符のデータ読み込みをしています。
 ところで、そもそも記念切符の分類など定義がされていないのですが、大半のものは自分で設定した分類で分けられます。しかしながら、どれにも属さないと思われるものが出てきました。東急の運営していた路面線を東京市営に運転移管(全体譲渡は昭和23年)したときのものと、茨城県南西部にあった非電化鉄道線数社を合併して関東鉄道としたときのものです。
Scan10026Scan10042
 新しい事業者の立場から見れば”開業”ともとれるのですが、”施設”の移管とも考えられ・・・どうも釈然とせず悩んでいます。
広告
標準

記念切符の分類」への8件のフィードバック

  1. koyuki の発言:

    こんばんわ~☆HP見せていただきました。奥が深くって終わりなき仁義^^?スッゴイ記念切符の収集ですね^^。お見事です。区分けに大変な労力を要したことでしょう!没頭できることがあるって幸せですね。

  2. 56 の発言:

    最近趣味に没頭出来ないだけに羨ましい限りです。下の耶馬渓の車両確か、紀州鉄道でも走っていましたよね。今度見に行こうかな・・・

  3. りばてぃ の発言:

    koyuki様 ご覧頂きありがとうございます^^。 収集癖とは怖いもので、尽きることがありません^^;

  4. りばてぃ の発言:

    だいきち様 1両が耶馬溪線、1両が国東線から紀州鉄道に移籍しました(合っているかな^^;)。

  5. mai の発言:

    HPも見させて頂きましたが、凄いコレクションですね!!あれだけあったら、毎日でも眺めて楽しめますよね。関係ないですが、守谷には友人が住んでいます(*^_^*)

  6. りばてぃ の発言:

    まい様コレクションのごく一部ですが、図鑑のように楽しめることを目指しています。守谷はつくばエクスプレスが出来て格段に便利になりました。

  7. アカゲラ の発言:

    こんにちは「乗車券」となっていて,往復の 片券は 降車券 となっていますが こんなのも あるんですね。民間から 官に移行というのは 当時は 多かったんでしょうかね。今は 官から 民へ移行しているのが多いようですがね。記念切符をみさせていただいて 当時の 様子がわかり 楽しいです。

  8. りばてぃ の発言:

    暇人様 時代と照らし合わせて乗車券を眺めると、色々なものが浮かんできます^^。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中