昭和50年代に小学館が出していた、はがき大のサイズで平均368ページという子供向けの本です。様々な分野のものが出ていましたが、写真左端にあるように鉄道関係は非常に充実していました。この「鉄道切符全百科」は特に大切にしていましたが、一番熱心に購読したのは「私鉄全百科」。路線の廃止や車輛の入れ替わりなとで更新されることが多く、その度に買っていました。初版本などは価値もあったのでしょうが、まさに擦り切れるほど読み込んでいたので、いつの間にか無くなってしまいました。実家の書棚には1冊程度残っているかも知れません。

広告