昭和の鐡道と旅

 12月10日発行、AERAムック。1680円。かなりの具だくさんです。新しい鉄道本は鉄道写真家が美しい写真を撮ってまとめていますが、古いものではやはり新聞社という強みが出ますね。週刊朝日の古い記事、科学朝日なる昭和17年の特集記事・・・収集資料も唸らせるものが散見されます。

広告
標準

昭和の鐡道と旅」への16件のフィードバック

  1. こんばんは
    「鐡」という漢字が すぐに変換されませんでした!(^^)! 遠くなりましたね!(^^)! AERAはときどき 買って読んでいますので,立ち読みしてきます!(^^)!
    15cm降った雪は ほとんで 消えてしまいますた。!(^^)!

    • 朝日新聞のネットニュースから辿って行ったらこの本にたどり着きました。まんまと策略にはまった感じです^^。
      まだささら電車の活躍は見れないようですね。

  2. ひとつひとつの見出しを読んでみると
    鉄道ファンならずともちょっと覗いてみてくなるような
    引きつけ方が、さすが上手いな~と思いました(^_^)

    • 新聞社のセンスなんでしょうかね^^。週刊誌の中釣りのようでもありますね。ボリュームがあるのでゆっくり読んでいきたいと思います。

  3. ipadの出現で「紙」がなくなるのか????
    新聞、雑誌、本・・・・
    でも、紙の良さはみんな分かってるからそんなことないですよね?

    • 新聞は一過性の情報が多いことから、電子媒体に変わっていくような気がします。一方、本は固定された情報なので紙媒体で保存されていくでしょうね。

  4. 古い写真や記事では新聞社は強いですね。
    鉄道の本って本当にいろんな方面から雑誌や本が出ていて
    すごいなぁと思います。

  5. こんばんは!
    タイトルとは全然関係なくてゴメンナサイ。
    カシオペアのDVDつきケロッグ、賞味期限切れに
    ならないうちに封を切り毎朝食べてます。
    5、6回分はありそうですよ。

  6. だいきち56 の発言:

    昭和の鉄道は興味ありますね。
    今と違って鉄道がないと大変な時代だったんですよね。新幹線が走っていないと考えるだけでゾッとします。

  7. パリが巴里ってところなど、なんだか昭和をすこし感じます^^ヾ
    新聞会社が撮影した写真ってのも、また鉄道写真家が撮ったものとは違った趣がありそうですね*^^*

  8. 昭和の鉄道は、ロマンがありましたよね(^_^)
    たまに書店に足を運んだときは、鉄道コーナーも見ていますが、
    最近の写真はいくらでもあるけれど、昭和初期のものは本当に貴重ですよね。
    個人でカメラを持つことなんて、ありえない時代ですから・・・

    • 鉄道写真家という職業がない中で、ハイアマチュアが撮り続けた写真が昭和の時代を映し出して来ました。ですが既に出尽くした感がある中で、昨今はアマチュアの作品を発掘する企画が多いんですよ^^。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中