昭和43年9月22日発行。新潟県を走る軽便鉄道でしたが、同年9月30日に路線の両端(新黒井~百間町、飯室~浦川原)を廃止。国鉄信越本線と接していた新黒井を廃止したことにより、後に「時刻表」から消滅するという逸話があります。結局、昭和46年には残りの路線も廃止されてしまいました。ちなみにこの路線で走っていたSLが、西武山口線で再度活躍したのが懐かしい思い出です^^。

広告