前回公言していた通り、なんとか早起きをして鉄道博物館に行ってきました。招待券が2枚あったので長男をお供に。

 息子は初めての訪問だったので、展示車両を一通り見たのちに、特別展を見学。御料車を飾る調度品の数々はやはり目を見張るものがあります。もっとも時代を経るごとに豪華絢爛な雰囲気は徐々に薄らいで、シンプルな感じに変化していきます。平成に入ると御料車を用いたお召列車の回数が極端に減ってしまっているのは時代としてやむを得ない所なのでしょうか。

 一番北側にあるホールからは(左から)新幹線、ニューシャトル、埼京線、高崎線、東北線と眺めて楽しむことが出来、個人的には最も興奮する場所です(笑)。

 昼時間は過ぎたものの、食堂は大混雑していたので駅弁を買って455系で食事。私は完全に見た目に騙されて「はやぶさ弁当」を・・・案の定、中身はお子様ランチ状態!息子の買った牛肉弁当と比べてその内容が一目瞭然でした^^;)。

広告