記念切符

宮島電車開業50年

 昭和47年8月10日発行。広島電鉄と言えば市内を走る路面電車が有名ですが、宮島に至るこの路線は郊外電車の性格が強く、記念切符発売当時は阪急電鉄からの譲渡車などが走っていました。平成3年からはすべて市内線から直通する路面電車型の車両になっています。

広告
標準

宮島電車開業50年」への16件のフィードバック

  1. こちらは子どものころ乗ったことあるずですが・・・・
    昔のことなので、あまり記憶もありません><。
    今思うと、広島の電車もしっかり楽しんでおけば
    よかったなぁ・・・と(笑)。

  2. 色合いとかデザインとか、何か懐かしい感じの切符ですね(^◇^)
    鉄道ファンの方は色んな楽しみ方が出来ますね~。
    奥が深い世界!私は「乗る」のが好きです♪

  3. 広島ってたくさんの種類の電車が走っているんですねー^^
    路面電車も今風というか、何両も連結したのも走ってたり
    昔ながらのいい音しながら走ってるのもあったり。
    記念切手の、のどかな景色を走る電車もいいですねー*^^*

  4. 群馬には路面電車がないので(たぶん、知る限りでは)
    けっこうあこがれますね!
    早稲田などで走ってるところ見たときは感動でしたね!

    • その昔、東武伊香保軌道線という路線があり、前橋駅前~渋川駅前、高崎駅前~渋川新町、渋川新町~伊香保を結んでいました。

  5. 電車もレトロですが、併走しているトラックが時代を感じさせますね(^_^)
    広電は、動く電車の博物館みたいで、いろいろな車両があって面白いです。
    時代の流れか、新型の車両が増えてきたのが、少し寂しく思います。

    • 今の時代を生き残るためにはバリアフリー設備が整ってないと利用してもらえません。そのため積極的な車両更新が行われますが、ファンにとっては寂しい面もありますよね^^。

  6. こんばんは
    昔!(^^)! 宮島の近くまで行ったことがありますが,その当時の 電車らしいですね!(^^)! 昭和47年発行とは 相当昔ですね!(^^)! そのころの 暇人に勤務地は 何処だったかな・・思いだしません!(^^)!

  7. こんばんは☆
    10枚つづりで200円って、そういうときもあったんですねぇ。
    今の10分の1ぐらいの物価なのかなあ。
    ステキなアングルのお写真が載っているのですね♪

    • 物価としては現在の36%程度(総務省データからの推計)のようです。海沿いの道路が立派になっていたら、海が遠くなっているかも。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中