この時間になっても余震が続いています。東北地方太平洋沖地震。宮城の名取川河口からの津波の空撮映像は、この世のものとは思えない黒い濁流が、家屋や車を次々と飲み飲んでいきました。ニュースでは200~300人の遺体を発見という、今までで聞いたことのない表現の情報が飛び交っています。

 地震発生時から東京の鉄道は全て止まってしまい、夕方にはJRは終日運休という発表。私鉄・地下鉄も同様の動きが見える中で、職場の待機者から外されたので18:30過ぎに会社を出ました。都内の主要道は車で埋め尽くされ、ほとんど動けない状態。歩道は朝ラッシュ時の駅コンコースみたいで快適に歩けず、ストレスを抱えながら歩くという状態でした。都心部ではビルの窓ガラスが割れ歩道が封鎖されている個所もありました。バスやタクシーは動いているものの、大行列に加え大渋滞で使い物にならないのか、素通りする人もたくさんおりました。私の場合、足の痛い思いをしながらも4時間ほどで自宅に到着しましたが、多くの帰宅困難者がいる東京では恵まれた部類に入るかも知れません。

 帰宅後に、私鉄・地下鉄は運転を再開し始めたようですが、交通混乱は一晩中続くと思われます。改めてお亡くなりになった方のご冥福をお祈りするとともに、被災者の一日も早い回復を願います。

広告