鉄道車両において古豪というと、武骨な釣り掛け電車というイメージを強く持っていますが、もはやそのような車両はほぼ絶滅しております。

 東京メトロの現役で最も古い車両と言えば、昭和41年登場の5000系アルミ車。元々東西線用の車両でしたが、現在は千代田線綾瀬~北綾瀬間を3両編成で結んでいます。同い年の車両が最古参というのは少々感じるものがあります^^;)

広告