趣味

古豪

 鉄道車両において古豪というと、武骨な釣り掛け電車というイメージを強く持っていますが、もはやそのような車両はほぼ絶滅しております。

 東京メトロの現役で最も古い車両と言えば、昭和41年登場の5000系アルミ車。元々東西線用の車両でしたが、現在は千代田線綾瀬~北綾瀬間を3両編成で結んでいます。同い年の車両が最古参というのは少々感じるものがあります^^;)

広告
標準

古豪」への12件のフィードバック

  1. だいきち56 の発言:

    同年代の車両・・・201系や185系ですね。
    201系は、関西でガンガン走っていますが、いつまでも頑張ってもらいたいものです。

  2. 完全に同年齢というと、秩父鉄道にいった旧101系が有名ですが、
    JR103系、京阪2600系(旧2000系)、阪急2300系などが
    同世代の電車ですね。

    新性能初期の特急・急行型がほぼ消滅したのに、通勤電車が
    意外と長持ちしてます。

    まったく根拠の無いウワサですが、「103-1」は、
    森之宮区の奥にいて、ちかぢか梅小路に作られるJR西の鉄博へ
    行くのだとか????

  3. そっかー、電車にも自分と同じ年のものがあるんですよね。
    そういうのはやっぱり親近感がありそうです。
    年をとればとるほど頑張って欲しいって
    思いますね(笑)

  4. え?知りませんでした。
    まー、今は地震関係のこと意外はあまり話題にならないし
    私も情報を得ようとしてないので・・・。(笑)

  5. こんばんは
    そちらでは 新しい形のものばかりが 走っていると思いましたら,古参軍曹みたいな 電車もあるんですね!(^^)! 頑張ってもらわなくてはなりませんね!(^^)!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中