趣味

419系

 例年3月にはJRの大規模なダイヤ改正があり、消えゆく列車・車両が象徴的なものとなります。東日本は震災によりそれどころではなくなってしまいましたが、昔の写真を眺めていたらこの車両が出てきたので紹介いたします。

 非常に不格好なこの電車、昭和60年に寝台特急の車両を改造して生まれた419系・・・北陸本線で活躍しました。国鉄末期に新造車両を作る資金が無かったことから、余剰のあらゆる車両を改造して地方路線の増発用に当てました。この車両もそのひとつで、登場時あまりの強引な改造で使用に耐えるのか疑問に思いましたが、非常に長生きをして今回の改正でようやく引退することになりました。

広告
標準

419系」への12件のフィードバック

  1. こんにちは
    ダイヤ改正に 無縁ですと 気がつかないものですね!(^^)!
    武骨で丈夫そうな車両ですが,ようやく引退ですか。長い間,お勤めご苦労さんでしたね。この後の 余生はどうなるんでしょうか?? 全く姿を消してしまうんでしょうかね!(^^)!

  2. この電車ほど、数奇な(?)運命をたどった車も珍しいのでは
    ないでしょうか?

    それにしても、「数年程度もつなぎに持てば良い。」と
    陰口をたたかれた改造車がここまで長持ちするとは
    思いませんでした。

    • 多くの改造車が生まれましたが、583を改造して一般車にしようと発想は大胆でした。使い勝手のいい車ではありませんでしたが、交直両用というのが大きな利点でしたね^^。

  3. 強引な改造って・・・どんな改造だったんでしょう。
    なんか、見た目は頭が大きい感じですね。
    でも顔は可愛いと思うな~

    • もともと中間につながっていた車両に運転席を付けたんですよ。特急車両からの改造では、通勤通学時に乗り降りが沢山出来ないと思ったんですが、地方路線で何とかなっちゃったみたいですね^^。

    • お金が無くても人手があった時期ですから出来たのかな、と思います。今は省エネやバリアフリーなど世間の要求が増えているので、どうしても新しく作ってしまうんですよね。

  4. だいきち56 の発言:

    クロスシートは向かい合わせで座ってもゆったりしていたので好きでしたね。
    ただ、ラッシュではきつそうでしたね・・・

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中