写真のペットボトルが私の部屋にあります。「岩手釜石の自然水」。日比谷公園で行われた鉄道の日のイベントで100円で売っていました。暑い日でしたが、のどを潤してくれた一本です。大きな被害を受けた釜石の水だったんだぁと、いま複雑な思いで眺めています。これを販売していたJR貨物も列車が津波に飲まれ被害を受けましたが、一方で支援物資を精力的に運ぶ生命線として頑張っています。

 今日、東京都は水道水に放射性物質を確認し、乳幼児の飲用には避けるようにとの発表をしました。案の定、コンビニやスーパーではミネラルウォーターが過剰反応した人たちに買い占められ品薄の状態になったようです。大人には影響がない、ということが全く理解できない人たちの行動によって、乳幼児に行き渡らないなんてことが起きて欲しくありません。

広告