新規投稿で文字入力していると、突然消えちゃうのはなぜ?(イライラ・・・)

 大型連休の中盤戦。天気は良くないけれど、窓を開け放ち空気の入れ替えをしています。最近はPCを立ち上げると必ずネットラジオradikoを開いています。車の中以外でラジオを聴くことなど長らくなかったのですが、震災以降なんとなく習慣付いてしまいました。一時期、地方FM局も聞けていたのですが、結局いつも聴きなれた局に落ち着いてしまうんですよね^^。

 4月は異動をして、病後長らく味噌っかす扱いだったのが本来の職責に戻され、必死にこなした1か月でした。連休谷間の2日は職場もまったりした雰囲気だったので、同期をつかまえ色々思いを聞いてもらいました。「焦らず行こう」と言って貰えたことに気が休まりましたが、連休明けからまた元のペースに戻るとなると不安も残ります。なるようにしかならない、と思う気持ちが半分。

 そんなうつうつとした気持ちを振り切ろうと、一人旅を思いつき速攻で計画。すぐに乗車券などを手配してしまいました。先の記事にも書いた0泊2日の「サンライズで行く津山・姫路への旅」(笑)。津山へ行って津山機関区の公開を見学してきます。ここは魅力的な車両も保存しており前々から訪問したいと思っていたのですが、早朝に東京を出発しても公開時間に間に合わないため手を拱いていました。予約制なのですが幸い空きもあり、人気列車のサンライズの予約も取れました。往復とも岡山駅で待ち時間を作り、岡山電気軌道(路面電車)を眺めることも折り込みました。姫路への移動は九州新幹線開通で作られた「さくら」に乗る予定。立ち席でも短時間ですので車内観察してきたいと思います。

 そして今回の旅行計画のきかっけになった姫路モノレールの展示施設「手柄山交流ステーション」。長らく封印されてきた施設がようやく一般公開にたどり着きました。調べれば、当時建設した市長の息子が現市長。市財政を大きく圧迫し僅か8年で廃止した負の遺産は撤去問題を含めて常々やり玉に挙がっていたようですが、鉄道ファンとしては文化財として光が当たったことを歓迎。2009年にこのブログで記事にした時も必ず訪問するぞと意気込んでいましたので、2年越しの念願が叶うことになります。

 一人で出掛けるのは家族に後ろめたさもありますが、行くからには楽しんで来よう・・・と思っている昼下がり。

広告