記念切符

野田線開通100周年

 平成23年7月15日発行。平日の日中からの発売だったので、友人に購入してもらいました^^。

 埼玉県の大宮から千葉県の柏を経由して船橋に至る路線、東武野田線。本線系統の中古車両が代々活躍しており、ローカル線の印象が強いのですが、昨今は複線化もだいぶ進み様相が変っているようです。

広告
標準

野田線開通100周年」への16件のフィードバック

  1. こんばわ
    持つべきものは 友 ですね。お互いに助け合ってはいるんでしょうね。記念入場券には 歴代の電車が載っていますが これで全部なんですか・・。古いのから 新しいものまで 全部分かるようですね。

  2. こんぱんは。
    台風の被害はありませんか?

    東武野田線というと、5000系の、上回りは新車、下回りは吊り掛け駆動の
    アンバランスな列車が印象に残ってます。

    つくば線も出来て、都内への経路も増えて、一時よりも活性化してるんでしょうね。

  3. こんばんは☆
    この間、鎌ケ谷行くときに野田線乗りました!
    100年の歴史があるのですねぇ。
    100年後はどんな車両が走っているかな♪

  4. 東京勤務中に何度かお世話になりました。
    仕事ではなくもっぱら「鳥見」で(笑)
    確かにローカル線と言うより郊外の通勤電車ですよね。

  5. 発売日をちゃんとチェックされてるんですね~
    年間どれくらい購入してるんでしょ。
    電車がたくさん載ってるのいですね^^

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中