朝の大阪港も絶景・・・気持ち良く起きて51Fでビッフェ。父は目の前の交通科学館に向かうだけなので、午前中は自由時間をもらい撮影に向かいました。

 向かった先は南海高野線の汐見橋駅。もっとも高野山方面に向かう列車はすべて難波から出ますので、ローカル線の始発駅という雰囲気。久々の訪問ですが、隣に並ぶ阪神桜川駅の出入口の方が目立っています。

       

 市街の喧騒とはかけ離れた空気感・・・ラッシュ時間なのに。ただ、昭和30年代から掲げられている路線図は補修もされないままなのが残念でなりません。

 30分ヘッドという、なんともゆるいダイヤ。利用者は期待に違わず数人ほどです。本当は各駅で降りたいくらいなんですが、活動時間が制約されているので終点の岸里玉出まで移動です。

広告