朝は日差しもありサイクリング日和だと思ったのですが、出かける頃には曇天。それでもめげずに高畠ワイナリーに向かいます。早い時間だったのでまだ観光客は少なく、試飲を思いっきり楽しんできました・・・買い物もせず(笑)。次の目的地への移動で通った踏切で電車を一枚。遮断竿が二段になっているのは、雪深い場所だから?

         

 向かう先は、亀岡文殊。日本三大文殊だそうで、知恵をつかさどる菩薩様を祭っています。息子が自力で調べた高畠の観光地で、どうしてもここに行きたかったようです。もう雪よけの覆いが掛かっていて見栄えが悪くなってしまっていますが、ご利益のある利根水なる湧水をペットボトルで持ち帰る息子なのでした^^。

 続いて向かったのが、地元出身の童話作家、浜田広介の記念館です。「泣いた赤おに」を書いた作者ですね。息子は小さい時に幼稚園や学校で読み聞かせられた作品も多かったようで、興味深そうに見ていました。が、ここで大雨が降ってきてしまい、またもや自転車をすっ飛ばして駅に戻りました。

 駅に戻ると、先ほどまでが嘘のように日がさしてきて、思いっきりぐったり・・・昼食も食べていなかったので、米沢牛サラミと酒粕味せんべいを。息子は駅備え付けの文庫で読書をしているので、私は近所まで撮影に。

 東京へ戻る新幹線に乗車してすぐに駅弁を買って、食べながら帰京。2種類ともおいしかったです!

広告