2012年2月15日発行、学芸出版社。

 たま駅長に学ぶ公共交通再生という副題の通り、地方の地域に根ざした公共交通のあり方を、実務者としての視点で述べられています。費用対効果だけで公共交通を論じてはならないとし、規制緩和による事業者間の競争を地方においては「狂争」と断じている言葉も、経営者ならではの重みを感じます。

広告