記念切符

加太線開業100周年

 平成24年6月16日発行。南海電鉄の支線の一つ、加太線。明治45年6月16日に当時の加太軽便鉄道が和歌山口駅(紀ノ川西岸)~加太駅間に開業してから100年・・・現在「加太駅100周年記念事業実行委員会」として、和歌山市、加太活性化協議会、加太観光協会、南海電鉄が連携して活性化を図っています。

広告
標準

加太線開業100周年」への12件のフィードバック

  1. こんばんは。
    南海電車はまったく無縁でわかりませんが、
    こういうレトロな電車が今も走ってたら楽しいでしょうね^^

    • 軽便鉄道という、今の電車よりずっと小さい規格だった時代です。
      日本人の体形自体が小さかったから、マッチしていたのかも知れませんね^^。

  2. なんだかノスタルジーに駆られますね☆
    南海ホークス…判るのはあたし達世代までですか(^_^;)
    後世に残していきたいもののひとつですね。

  3. こんにちは
    南海電鉄というと プロ野球の 南海ホークスを 連想しましたが、当時の南海は 強かったですよね!(^^)!
    いまは ソフトバンクになってしまいましたが、南海電鉄は健在なんでしょうか!(^^)!。阪神電鉄、東急、西武、近鉄、国鉄スワローズと、当時の鉄道関係は 営業成績もよかったんでしょうかね??!(^^)!
    こちらでは 定山渓鉄道がありましたが 廃線になってしまっており、私鉄がなくなってしまったようです。
    こうしてみると、鉄道の経営も難しいんでしょうね!(^^)!

    • 強い南海ホークスを知っていらっしゃるのは、相当上の世代ですね^^;)
      おっしゃるように、電鉄系は集客力を期待して多くの会社が保有していました。
      右肩上がりの時代だからこそ、というのはあったんでしょうね^^。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中