昭和57年夏、高校生の私は北陸地方の鉄道を撮りに巡っていました。学生ですので十分な蓄えがある訳ではなく、趣味とは言えカラーフィルムなどは贅沢品であったので、白黒フィルムを常用していました。
この写真は、加越能鉄道高岡軌道線(現在は万葉線)の車内での一枚。以前ご紹介した白黒写真を擬似カラー化するソフトを使ったモノです。若干くすんではいるものの、カラー写真と遜色ない再現性にびっくり。昭和の時代を思い出すには十分な仕上がりです。

colorized1

広告