昭和54年、弟と二人、父に連れられて訪問しました。今は廃線となり見ることは出来ませんが、こうやって記録と思い出が蘇ってきます。

img_0022_new

広告